2017年 12月11日 (月曜日)

カテゴリー

緊急ニュース



2014年04月03日

中里白羽毛で住宅火災、2棟全焼

140403_02.jpg 140403_03.jpg

 3日午前10時20分頃、十日町市白羽毛の農業・樋口源和さん(68)方から出火、火は約5時間後に鎮火したが、源和さん方(木造2階建て一部茅葺き)が全焼、源和さん方から約100m離れた農業・樋口長吉さん(66)方(木造2階建て一部茅葺き)に類焼し、長吉さん方も全焼する火災があった。
 両住宅ともに一部茅葺き屋根。当時は風が強く、煽られた源和さん方の火の粉が長吉さん方の茅葺き部分に燃え移ったもよう。
 源和さん方は4人暮らし、長吉さん方は3人暮らしで、出火当時、源和さん方は源和さんと妻(64)がいたが逃げ出して無事、長吉さん方は母親(91)がいたが退避中に体調不良を訴え、病院に搬送された。
 出火原因は十日町署で調査中。
(写真上から:炎上する火元の源和さん方と類焼した長吉さん方)

2014年01月11日

津南町押付で住宅火災

140111_01.JPG

 11日午前11時14分、津南町押付の無職・南重雄さん(69)方で火災が発生していると消防に通報があった。火は南さん方(木造2階建て)をほぼ全焼し、午後1時に鎮火した。
 南さんは一人暮らしだが、2階を人に貸しており、家には3人が住んでいた。出火当時は3人とも不在で、負傷者はなかった。原因は十日町署で調査中。
(写真:2階を中心にほぼ全焼した南さん方)

2013年10月23日

市内津池で地すべり発生 1世帯が自主避難

131023_01.jpg

 市内津池地内で発生していた地すべりが23日夕方に拡大し、主要地方道十日町六日町線が同日午後7時から全面通行止めになっている。また、現場近くに住む1世帯1人(80歳代女性)が親戚宅へ自主避難している。
 地すべりは十日町六日町線と平行する田川の間の斜面で、川側に滑るように起きており、21日に発生が確認され、23日現在も少しずつ滑り続けている。23日朝現在、幅約80m、長さ約40mにわたって崩れており、最上部は十日町六日町線に到達、同道がセンターライン近くまで約30mにわたり路肩決壊している。迂回路は県道新座八箇線。
 復旧について、同道を管理する県十日町地域振興局地域整備部は「現在も動きが続いており、現段階では具体的な対策ができない。今後も動きを確認しながら対策を考えていきたい」と話している。
(写真:地すべりにより路肩が崩れた主要地方道十日町六日町線)

2013年09月16日

川原町57世帯に避難勧告、中里土倉などに避難準備情報

130916_01.jpg 130916_02.jpg

 十日町市は16日正午、晒川の愛宕橋から田川までの間の57世帯165人(川原町)に避難勧告を発令した。避難所は十日町中と中央公民館。午後0時50分現在、越水等の被害は出ていない。また、田川周辺の住民(洪水危険)、中里地域の土倉、倉下、小出、葎沢、角間の住民(土砂災害危険)に避難準備情報が出された。
 十日町市は同日正午に大雨警戒本部を設置し、警戒にあたっている。

■主な道路の交通規制=国道353号(十二峠、中里~塩沢)、国道353号(倉下~東田尻)、県道十日町当間塩沢線(大沢峠、十日町~塩沢)、国道253号(八箇峠、十日町~六日町)、国道405号(見玉~大赤沢)、国道405号(天水越)。いずれも土砂災害発生のため。※国道252号は通行可能で、南魚沼市方面への迂回路として利用できる。
■列車運行状況=飯山線は運休。ほくほく線は特急が運休、普通は湯沢~六日町間のみの運行。
■停電=中里地域の重地、田代、清田山、倉俣、津南町の中深見、所平、大場で午前11時すぎから発生。

(写真左から:避難勧告が発令された晒川、土砂崩れが発生した県道十日町当間塩沢線)

2013年01月10日

高田町3南で建物火災 遺体は母親と判明

130108_01.JPG

 8日午後4時20分ころ、市内高田町3南の会社員・伊沢孝さん(59)方で火災が発生、消防車が出動した。現場は県立十日町病院のすぐ裏で、火は伊沢さん方木造2階建て住宅(約160平方メートル)1棟を全焼、午後7時57分に鎮火した。隣の病院官舎でも窓ガラスが割れる等の被害があった。
 午後5時16分に消防隊員が建物内から1人を救出したが、死亡が確認された。
 伊沢さん方は孝さんと母親の貞さん(88)の2人暮らしで、貞さんの行方がわからなくなっていたが、10日に遺体が貞さんであることが判明した。死因は焼死。

2012年06月07日

市内姿で作業事故 作業員2人死傷

120507_01.JPG

 7日午前10時半頃、市内姿第1地内の工事現場で、バックホーが道路下に転落する事故が発生した。運転していた市内西本町3の会社員・庭野孝夫さん(59)がバックホーの下敷きになり、搬送先の病院で午後0時1分に死亡が確認された。また、道路下で作業していた市内細尾の会社員・佐野正登さん(60)が逃げ遅れてバックホーと接触、右手首骨折の重傷を負った。
 現場は主要地方道小千谷十日町津南線から約100m西の山中にある林道上で、庭野さんはバックホーを運転し、ダンプから資材を下ろす作業をしていたところ、バランスを崩し道路から約5m下の斜面に落下、運転席から投げ出されバックホーの下敷きになった。
(写真:道路から斜面に転落したバックホー)

2012年03月12日

中里小出で雪崩発生 小屋1棟全壊、男性負傷

120311_01.JPG

 11日午前8時半頃、中里地域の小出集落で雪崩が発生し、車庫兼消防小屋1棟が全壊、近くにいた長岡市の60代男性が倒壊した建物の下敷きになる事故があった。
 現場は小出集落センター前。同小屋は同センターの向かいにあり、小屋裏手の急傾斜地の雪が高さ約30m、幅約10mにわたって崩れ、流れ出た大量の雪が同小屋を押し倒した。男性は同小屋と隣接する家屋の持ち主の家族で、事故直後に付近住民により助け出されたが、足や顔などに軽傷を負った。
 急傾斜地には雪崩防止柵があるが、雪崩は柵の間で発生。同小屋以外の建物に被害はなかった。
 市全域で雪崩が起きやすい状況になっていることから、市などでは注意を呼びかけている。

2011年08月10日

警察官が刺され重傷

 10日午前11時前、十日町警察署の交通指導係長・大平哲朗警部補(57)が、市内の無職・男性(40)をパトカーで中条第2病院に搬送中、男性に刃物で右わき腹を刺され、重傷を負った。
 同日午前9時45分頃、男性のアパートの窓ガラスが割られていると同署に通報があり、大平警部補と巡査長(31)が向かったところ、アパートから約2キロ離れた路上で男性を発見。男性は同病院(精神科)に通院暦があったことから、男性をパトカーに乗せ同病院に向かい、同病院駐車場に停車する際にパトカー内で大平警部補が刺された。大平警部補は後部座席で男性の隣に座っていた。
 運転していた巡査長がその場で男性を取り押さえ、殺人未遂、公務執行妨害の疑いで現行犯逮捕した。大平警部補は重傷を負ったが、意識はあるという。

2011年07月30日

【水害情報】新たに川治、宮下東、本町東に避難勧告

 市は30日正午、新たに川治上町1・2、川治中町、宮下町東、本町東1の92世帯275人に避難勧告を発令した。理由は川治が堤決壊のおそれ、宮下東・本町東が土砂崩壊のおそれがあるため。
 対象世帯は川治上町1が33世帯108人、川治上町2が4世帯7人、川治中町が22世帯82人で避難場所は川治小学校、宮下町東が32世帯77人、本町東1が1世帯1人で避難場所は中央公民館。
 これにより市全体では153世帯443人に避難勧告が出たことになる。

◎被害状況、交通状況など十日町市発表は→こちら

【水害情報】土砂崩れ等で12集落が孤立

110730_06.jpg 110730_07.JPG

 昨夜の大雨で、六箇地区の六箇山谷、麻畑、田麦、二ツ屋、船坂、塩乃又の6集落、当間集落、真田地区の名ヶ山、中平、中手、鉢の4集落、松之山東川集落が落橋や道路への土砂崩れにより孤立状態となっている。
 ライフラインでは、孤立している六箇地区で六箇橋崩落により送水管が破損、給水車もたどり着けない状況。川治の第2配水地も被害をうけ94世帯が断水、復旧未定だが給水車が出る予定。
 また、県ではこの水害で、十日町市など11市町に災害救助法の適用を決めた。
(写真左から:JR飯山線の羽根川鉄橋、六箇橋)

十日町新聞
十日町新聞デジタル版 定期購読

電子版プレイバック十日町

広告掲載のお申し込み
新聞に取り上げて欲しい情報をお寄せ下さい。
>>こちらまで。
ATOM

RSS