2017年 10月21日 (土曜日)

カテゴリー

緊急ニュース



2011年04月16日

諏訪町で住宅火災 住宅1棟全焼、周辺にも燃え移る

110416_01.jpg

 16日午前9時すぎ、市内諏訪町の無職・田村政治さん方(96)で住宅火災が発生した。火は田村さん方木造2階建て住宅兼倉庫(旧織物工場)約193平方mを全焼、周辺の住宅や会社建物4棟の外壁を焦がし、車庫1棟を半焼し、午前11時55分に鎮火した。
 風が強く、火の粉により火元から約50m離れた住宅からも煙が出て消火が行われた。消火作業のため国道117号線が現場付近で一時通行止めとなった。
 この火災による負傷者はなかった。出火原因は十日町署で調査中。
(写真:午前9時40分頃の火災現場)

2011年03月16日

落石で国道が通行止め 秋山郷集落孤立

110316_01.JPG

 15日午後7時30分ころ、津南町結東地内の国道405号線の道路上に、長さ7メートルの落石があり、道路を塞いだため通行止めになった。
 石は約30メートル上の斜面から落下、倒木や雪崩も同時に発生し道路を塞いだ。これにより、大赤沢、前倉、清水川原、結東、逆巻集落と長野県栄村の一部が孤立している。
(写真:落石や雪崩で塞がれた国道405号線)

2011年03月15日

東北電力も計画停電 十日町市・津南町は対象外

 東北電力は15日、16~18日の3日間、新潟県などで計画停電を実施すると発表した。長野県北部地震で被災した十日町市と津南町は、東北地方太平洋沖地震の被災地とともに対象外となった。
 十日町市などの要請をうけ、両市町が激甚災害に指定されたことなどを配慮して対象外としたもの。同社では今後1週間毎に停電の実施計画を発表する予定で、両市町での実施は状況をみて検討するとしている。

国道117号、353号が通行可能に

 12日未明に発生した地震により、栄村・栄大橋で通行止めとなっていた国道117号線は、午前6時から午後6時までの間、大型車以外通行が可能となった。栄村内は道路に段差や亀裂が多数あり通行には注意が必要。当分の間は時間と車両に制限を設けた通行になる。
 また、雪崩により通行止めとなっていた国道353号線松之山~津南間は14日午後5時に通行止めが解除された。
 これにより、十日町市、津南町周辺の主要道路はすべて通行が可能となった。

2011年03月12日

長野県北部地震情報(12日午後5時現在)

110312_02.JPG 110312_03.JPG

【主要道路・鉄道】
▼国道353号線 津南町三箇地内、辰ノ口スノーシェッド付近が雪崩のため通行止め。
▼国道117号線 長野県栄村の栄大橋で通行止め。
▼県道松代松之山線 小屋丸地内で雪崩により通行止め。小屋丸集落(4世帯9人)が孤立。
▼JR飯山線 運休。線路に土砂崩れ等多数、復旧の目処立たず。
▼ほくほく線 特急、普通列車ともに運転再開。
【人的被害】
▼十日町市 軽傷9人(男性3人女性6人、うち小中学生3人)
▼津南町 軽傷16人(男性6人女性10人)
松之山天水島・天水越の川沿い約100戸、松之山赤倉の7戸、津南町田中の3戸、辰ノ口の1戸に避難勧告。公民館や小学校等に自主避難する人も。
【建物被害】
▼十日町市 住宅全壊1戸・半壊1戸、倉庫空家倒壊4戸
▼津南町 住宅半壊1戸・一部損壊3戸、倉庫全壊5戸・一部損壊5戸
震源に近い津南町上郷地域、十日町市松之山地域の被害が大きい。公共施設では十日町市、津南町ともに多くの施設で壁に亀裂が走る等の被害があった。上郷地域では上郷小学校の体育館の天井が大規模に崩落、上郷中学校でも体育館の天井が一部崩落、建物が歪む等の被害が出た。
【水道被害】
▼十日町市 松代地域のほぼ全域1249世帯、松之山地域(湯本、上蝦池、松之山の一部以外)860世帯、中里如来寺で断水。
▼津南町 大井平、外丸、小下里、太田新田、小島、巻下、所平、反里、芦ヶ崎、段野団地、寺石、下足滝、田中、加用で断水。

(写真:地震により天井が崩落した上郷小学校体育館、国道353号線三箇地内の雪崩)

松之山赤倉の神社が川へ崩落

110315_02.jpg

 12日午前4時頃、十日町市松之山赤倉地内の十二神社(木造1階建・約50平方メートル)が、地震により一級河川東川へ崩落した。
 負傷者はないが、東川にかかる赤倉橋の下流側約30メートルの場所に崩落し、川をせき止めている状況であるため、十日町市役所において、付近住民に避難勧告を出し、避難所へ避難させている。
(写真:東川に崩落した十二神社)

松之山中尾で地すべり 3人救助

110312_01.JPG

 12日午前3時59分、松之山中尾の高橋英一さん方、高橋豊俊さん方が地震が原因と見られる地すべりに巻き込まれた。英一さんと妻のカズエさん、豊俊さんの3人も巻き込まれたが、全員無事に救出された。カズエさんは顔を切る等の軽傷を負った。家屋は英一さん方が住宅の半分と車庫が、豊俊さん方が住宅全部が倒壊した。
(写真:地すべりの現場、右の建物が英一さん方)

十日町市、津南町で震度6弱の地震

 12日午前3時59分頃、長野県北部を震源とする地震が発生した。規模はマグニチュード 6.7、震源の深さは8km。栄村で震度6強、十日町市、津南町で震度6弱の揺れを観測した。その後も余震が断続的に続いている。
 十日町市などでは屋根からの落雪や雪崩等に警戒するよう呼びかけている。
 各地域の震度は次の通り。十日町=5弱、川西=5強、中里=6弱、松代=6弱、松之山=6弱、津南町=6弱。

2011年03月11日

<東北地方太平洋沖地震>十日町市でも震度4、雪原カーニバルなど中止に

 11日午後2時46分頃、三陸沖を震源とする地震が発生した。規模は国内最大規模のマグニチュード 8.8、震源の深さは10km。宮城県北部で震度7、宮城県中部・南部、福島県、茨城県、栃木県で震度6強を観測、十日町市でも震度4の揺れを観測した。
 十日町市内の地域別の震度は、十日町が震度3、川西が震度4、中里が震度3、松代が震度4、松之山が震度4。津南町は震度3。
 この地震により、川西元町の女性(81)が避難しようとして階段から転落し右肩右腕を打撲する怪我を負った。市内の建物や道路には午後4時30分現在、被害情報はない。
 十日町市などでは余震や屋根からの落雪、雪崩等に警戒するよう呼びかけている。
 また、十日町市では被災地の状況を考慮して、12日の「第23回雪原カーニバルなかさと」、13日の「越後まつだい冬の陣」の開催を中止することを決めた。

2011年02月01日

津南町上郷で踏切事故 男性が死亡

110201_01.jpg

 1日午後0時12分頃、津南町上郷寺石のJR飯山線・大根原踏切で、普通列車(長野駅発、1両編成)と普通ライトバンが衝突し、車を運転していた小千谷市土川の団体職員・田村哲三さん(59)が午後1時18分に搬送先の病院で死亡した。列車には乗客ら9人が乗っていたが負傷者はなかった。
 列車は踏切を通過していた車の真横に衝突、そのまま約100メートル車を押して停止した。踏切では同日朝から遮断機が下りっぱなしになる不具合が起きており、JR職員5人が修理作業を行っていた。田村さんは職員2人の誘導に従って踏切を通行していたとみられ、十日町署では業務上過失致死容疑も視野に事故原因を捜査中。
(写真:大破した車、奥が衝突した列車)

十日町新聞
十日町新聞デジタル版 定期購読

電子版プレイバック十日町

広告掲載のお申し込み
新聞に取り上げて欲しい情報をお寄せ下さい。
>>こちらまで。
ATOM

RSS