2017年 05月01日 (月曜日)

カテゴリー

社会



2016年07月21日

クロアチアとのホストタウン事業スタート ドラジェン大使迎えてキックオフ

160721_01.jpg 160721_02.jpg

 十日町市は1月25日に国から「クロアチア共和国を相手国としたホストタウン」に選定された。ホストタウン構想は、東京五輪を機会に全国の自治体と参加国・地域との人的・経済的・文化的な相互交流を図るとともに、スポーツ立国、グローバル化推進、地域活性化、観光振興などを図るために進められ、必要経費の半分は国費補助を予定している。7月11日にホストタウン推進事業のスタートとなる「キックオフイベント」がドラジェン大使らを迎えてホテルベルナティオで開催され、クロアチアウィークが開幕。1週間にわたってクロアチアワインの試飲会やクロアチア料理講習会、サッカー・クロアチア代表U-17チームと地元高校選抜チームとの交流試合など多彩な交流行事が繰り広げられた。
(写真左から:キックオフイベントで挨拶する大使とクロアチア料理を指導する大使夫人)
《本紙7月21日号1面記事より抜粋》

十日町新聞7月21日号は・・・・
▼「十日町橋架け替え」を新規要望 国道253号改良期成同盟会要望会
▼第7回展に向けて取り組み開始 平成28年度大地の芸術祭実行委員会開催
▼ミオンなかさとが開業20周年 清津峡樽ばやしとくす玉割りで祝う
▼前正副社長が「不当解任」と提訴 NGP津南経営の津南高原開発(株)を
▼飲酒運転急増中と警鐘鳴らす 接客業者防犯組合総会で須田署長
▼星と森の詩美術館で木彫アートキャンプ 藤巻、角谷、古川、小林の4作家が参加
▼郷愁誘う小田野尚之日本画展 十じろうで大熊氏のコレクションを展示
▼「夢は牛のお医者さん」が絵本・文庫化 時田監督、高橋さんが関口市長に贈呈
▼鬱蒼とした杉林で優雅な舞い 雨の神宮寺で十七夜まつり
▼宝泉寺で二千年蓮を愛でる観蓮会 徳永社中好日会がもてなし
▼飛渡地域が分じろうで「夏の汁まつり」 踊りやカラオケ、出店で賑わう〔AR動画あり〕
▼太公望のシーズン到来 十日町地域の河川で鮎漁解禁
▼増水の川に取り残される 小千谷市の釣り人が秋山郷の中津川で
▼市役所名乗り還付金詐欺 60歳代女性が50万円の被害 など

2016年06月02日

検討チームで実現可能案を年内示す 清津川・魚野川水環境検討協

160602_01.jpg

 第18回「清津川・魚野川流域水環境検討協議会」が先月30日、県南魚沼地域振興局講堂で開催され、5年間に及ぶ魚野川流域水資源確保検討委員会の報告書が示され、同協議会としての今後の方向性が審議された。その結果、抜本的な解決を長期目標として目指しながら、当面実行可能な案を検討する実務者会議的な協議会内部組織となる「検討チーム」を早急に設置し、年内に方向性を示し同協議会に提案することが了承された。また東京電力から改めて、降雪による屋上崩落事故で現在停止中の湯沢発電所の発電再開は平成31年2月を目指す方針も示された。
《本紙6月2日号1面記事より抜粋》

十日町新聞6月2日号は・・・・
▼「人を呼ぶきものプロジェクト」始動 きもの団体、行政関係者が集まり勉強会
▼簡易裁判所の移転先候補は駅西通り 市は看護学校含む複合施設建設を示す
▼村山支部長が退任し青柳氏を選任 市観光協会十日町支部が総会
▼市議定数は2減の24へ 6月定例議会で議員提案へ
▼十じろうは6月に一部、7月にオープンへ 市議会産業建設常任委で説明
▼グルメグランプリ申込みは69店舗に 委託はジェイアール東日本企画に決定
▼グリーンピアを桜の公園に 日本さくらの会が桜1千本寄贈、3千本目指し継続
▼まつだい棚田バンクの星峠で田植え 圧巻の景色広がる
▼安吾の判明秘話も紹介 坂口安吾まつりで長男・綱男氏
▼歴史の宝庫、新座を知ろう しんざウォーク、手頃なコースが人気集める
▼今夏も100km徒歩の旅 学生スタッフ研修会開催、参加小学生を募集中
▼姿地区で緊急個別訪問 交通死亡事故シャットアウト作戦
▼クマ目撃情報相次ぐ 昨年同期比2倍の目撃数 など

2016年05月26日

クロアチアホストタウン事業がスタート 東京五輪を機会にスポーツ交流等推進へ

160526_01.jpg

 クロアチアホストタウン推進事業プロジェクト会議が18日、十日町市役所大会議室で開催された。十日町市とクロアチア共和国は2002年のFIFAワールドカップ日韓大会で、クロアチア代表が当間高原リゾートでキャンプを張った時から交流が始まった。昨年末に東京五輪パラリンピック組織委員会にサッカー競技などの事前キャンプ地として意思表示して、今年1月に「クロアチア共和国を相手国としたホストタウン」に認定された。
(写真:プロジェクト会議で挨拶する関口市長)
《本紙5月26日号1面記事より抜粋》

十日町新聞5月26日号は・・・・
▼十日町ロータリークラブが創立60周年記念式典 市民文化ホールに新市民憲章石碑贈呈
▼十日町織物工業協同組合が総会 県十日町地域振興局の新施策を発表
▼今夏に川西商工サミットを開催 川西商工会総会、会員増強で組織率向上も目指す
▼着地型の観光、住民が地元再発見を 津南町観光協総会、27年度観光入込みは56万人
▼庭野日敬師に学ぶ会が通常総会 役員改選で庭野雅弘会長を再任
▼市民の健康づくりさらに充実を ネージュSC総会、上村良一理事長ら再任
▼市の今冬除雪比は12億4600万円 前年冬の半分以下に
▼自然と人の営みの美 三ツ山「田毎の月」に県内外から300人超
▼為末元五輪選手ら田植え体験 芸術祭作品「カバコフの棚田」で
▼日本一の大河で川下りも 越後田舎体験事業で首都圏の学生が農村体験〔AR動画あり〕
▼地元伝統文化のきものを学ぶ 十日町小6年きものサークルが開講
▼樋熊フサ子さんが会員推挙に 第68回三軌展写真部門で
▼林道脇の水田に車ごと転落 姿第一の高齢男性が死亡 など

2016年05月12日

春の褒章・叙勲は市関係7氏が受章 褒章は北川、田村氏、叙勲は田口氏ら5氏

 平成28年春の褒章・叙勲がこのほど発表され、十日町地域関係では7人が受章した。紫綬褒章に大地の芸術祭総合ディレクターでアートフロントギャラリー社長の北川フラム氏(69)、藍綬褒章に保護司で智泉寺住職の田村泰宏氏(73)=昭和町、旭日小綬章に元十日町市長でJA十日町経営委員会会長の田口直人氏(70)=木落、旭日双光章に元県法人会連合会副会長で山田屋商店社長の村山栄治氏(70)=関根第2、瑞宝双光章に元東京法務局首席登記官の白井敏夫氏(74)=中屋敷と、元十日町地域広域事務組合十日町市消防団長の富井利明氏(68)=市之越、瑞宝単光章に元県技術員の若月信幸氏(69)=千年がそれぞれ受章した。
《本紙5月12日号1面記事より抜粋》

十日町新聞5月12日号は・・・・
▼第6回大地の芸術祭の成果と課題は 総括報告書が完成、次回展に向け検証
▼<GWの入込み>芸術祭の里春開催で入込み増に 各施設好調、8%増の約12万人に
▼<参院選>幸福実現党の横井氏が十日町入り 1人区となる新潟選挙区に3人出馬へ
▼きものを中心に十日町の魅力発信 4回目を迎えた産地特別招待会
▼原発避難計画に申し入れ 十日町・原発をなくす会が十日町市に
▼女性のパワーで地域の魅力発信 リリマリ+がファッションショー〔AR動画あり〕
▼3129人が参加してゴミを収集 十日町市クリーン作戦2016開催
▼地域の団体に23万円相当を寄贈 イオン十日町店「幸せの黄色いレシートキャンペーン」
▼素直な心と集中力、そして努力 市スポーツ少年団が入団式、24団体に122人
▼<郡市学童野球>西小ファイブが逆転サヨナラ 球史に残る激戦を制し栄冠
▼十日町ソフトボールクラブが2年連続北信越へ 壮年県大会で準優勝
▼下条で強盗未遂、女性が負傷 逃走犯を家人が取り押さえる など

2016年05月05日

泉田知事が県立看護学校建設を確約 十日町救急ステーション開所式で

160505_01.jpg

 県立十日町病院の新外来診療棟に併設され、共に5月2日運用開始の「十日町地域救急ステーション」の開所式が27日、現地で挙行され泉田裕彦県知事や尾身孝昭県議会議長、村松二郎県議、山田治之県防災局長、関口芳史市長、吉嶺文俊十日町病院長ら約50人が参集した。同席で挨拶に立った泉田知事は、かねてより地元から要望が上がっていた県立の「看護職員養成学校」建設に対し、「要望に沿って進めていきたい」と確約し、大きな注目を集めた。同病院に隣接する国有地(十日町簡易裁判所)に新十日町病院が全開院する平成32年の開校を地元は願っており、今後の推移が注目される。
(写真:看護学校建設の最有力地)
《本紙5月5日号1面記事より抜粋》

十日町新聞5月5日号は・・・・
▽華やかに「きものパレード」 きもの姿の新成人や市民が参加〔AR動画あり〕
▽人気集めたホコ天の多彩な催し 天候に恵まれた十日町きものまつり
▼松之山支所が移転し開所式 旧保健センターに移転、業務開始
▼十日町地域消防の新時代スタート 消防本部新庁舎など3事業竣工を祝う〔AR動画あり〕
▼若い女性の力で十日町を活性化! ガールズ集団「リリマリ+」誕生、8日にファッションショー
▼「答えは現場にあり」を掲げ 十日町商工会議所青年部総会、会長に高橋昇男氏
▼クラブ活動は全て介護予防 市老連総会で平野会長呼びかける
▼旧村山家主屋・表門を文化財に 市指定書交付式挙行で祝す  
▼上映後にコンサートでファン魅了 映画「風の波紋」主題歌の天野季子さん〔AR動画あり〕
▼大人への一歩を踏みしめて 十日町市と津南町で成人式、649人の門出祝う
▼W杯ポイントと苦手克服で自信 平昌五輪目指すクロカン宮沢大志選手が報告会
▼市長賞に札幌の平松泰輔さん、ジュニアは吉楽友菜さん 黄桜の丘桜まつり など

2016年04月28日

待望のまちなかステージ2施設竣工 交流センター「分じろう」活動センター「十じろう」

160428_01.jpg

 中心市街地活性化の拠点施設として市民参加型でプランをまとめてきた「十日町市まちなかステージ」の2施設、本町2丁目の市民交流センター「分じろう」(旧本町分庁舎)と本町3丁目の市民活動センター「十じろう」(旧西脇ビル)の竣工式が23日、分じろうで開催され約80人が参集した。分じろうは交流と発信を担い、十じろうは活動と創作を担い、市中心市街地活性化基本計画の基本理念「『新たなにぎわい』に満ちた『魅力あるまち』の創造」を目指す。5月はオープン準備期間で6月1日に正式オープンする。その間、分じろうでは様々なイベントが予定されている。
(写真:テープカットで2施設の竣工を祝う関係者)
《本紙4月28日号1面記事より抜粋》

十日町新聞4月28日号は・・・・
▼別格の明るさ、十日町病院新外来診療棟完成 新機能加わり2日開院〔AR動画あり〕
▼日本遺産に「火焔型土器と雪国文化」 信濃川流域5市町提案を文化庁が認定
▼このままの新潟で良いのか 村松県議県政報告会、泉田知事の手腕に不信感も
▼自民現職に野党共闘候補挑む 参院選新潟選挙区の対立構図固まる
▼足場先行発祥地から安全文化発信を 盛大に建設産業安全大会を挙行
▼日本鉄道史に残る特急はくたか 在来線最高速度を誇りに記念碑
▼熊本地震街頭募金で計74万円の善意 市社協などが2日間で
▼宮本警報器十日町工場の社員4人に文科大臣表彰創意工夫功労者賞 
▼津南小に文部科学大臣賞 発明工夫・模型工作等の取り組み評価
▼特別賞に箱根駅伝の原由樹人 津南学術文化・スポーツ奨励賞
▼政党掲示板焼かれる 共産党が告訴状提出
▼元松代町議会副議長・富澤恭松氏が逝去 など

2016年04月21日

SLは飯山—長岡間を2日で1往復 今秋44年ぶりに飯山駅から発着に

160421_01.jpg

 今秋、44年ぶりに飯山駅から長岡駅まで約100キロを2日で1往復を予定する「SL」(蒸気機関車)運行に向けて、市内沿線の賑わいや警備など運行協力体制等を検討協議する「飯山線SL運行2016十日町市実行委員会」の設立総会が13日、市本庁舎で開催された。4年前の平成24年11月に長岡―十日町駅間を40年振りにSLが運行された際の組織構成等を参考に、この日は実行委規約や役員体制、事業概要や事業予算などが審議された。今後、別途に2部会を設けて具体的な協議を進める方針だ。
(写真:40年ぶりに運行された4年前のSLの勇姿)
《本紙4月21日号1面記事より抜粋》

十日町新聞4月21日号は・・・・
▽<十日町きものフェスタ>吉澤織物に経済産業大臣賞 特別賞は桐屋、関芳
▽消費者目線できものの製作・提案を 3集散地の卸商代表が講評〔AR動画あり〕
▼市内21カ所に募金箱を設置 熊本地震うけ十日町市や津南町が支援策
▼振興会人口増対策に新交付金創設へ 十日町地域振興連合会総会で関口市長
▼JR共生策に関口市長が感謝表明 発電、流雪溝、工場、SLに期待感
▼南鐙坂に来年3月農家レストラン開業 農水省の認定受けてA・ファーム雪の十日町が
▼21,949票の応募 まるせん春の大売り出しで抽選会
▼「新之助」健闘も「魚沼コシ」は… 水沢で全国9品種米の食べ比べ実施
▼元消防司令長の吉澤勇氏に瑞宝双光章 危険業務従事者叙勲で
▼伊林康男氏ら3人を表彰 津南町町政功労者表彰式
▼東北被災地の復興と未来を祈る 諏訪神社で最後の東日本大震災復興祈願祭
▼四九七九成り行きまかせの八十年 鈴木幸治さんが自分史を出版 など

2016年04月07日

十日町地域消防本部新庁舎の開庁式を挙行

160407_01.jpg

 十日町地域消防本部新庁舎の開庁式が1日午前8時30分から、市内四日町新田に竣工された新庁舎で挙行された。1階エントランスホールの正面で十日町広域事務組合管理者である関口芳史市長、副管理者の上村憲司町長らがテープカットを行い、その後に3階多目的ホールに移動して式典を行った。式典で関口市長は「新庁舎は、高い耐震強度を持ち、重要な部分には免震機構を採用するなど地震に強い庁舎だ。地中熱利用システムと太陽光発電設備を採用、環境と省エネを考慮した設備も導入している。強くそして優しい庁舎になったと思う。5月には県立十日町病院の協力により救急ステーションが新たに開設される。この新庁舎は地域の安心安全を守るための、長い歴史の第一歩を歩み始める」を期待を語った。
(写真:テープカットで開庁を祝う関係者)
《本紙4月7日号1面記事より抜粋編集》

十日町新聞4月7日号は・・・・
▼退任者全員が定住、十日町市民に 地域おこし協力隊6人退任、新たに7人着任
▼下水熱で新西保育所の床暖房・冷暖房 好結果受け国交省「車道融雪」も
▼<十日町市褒賞>新設のふるさと功労に高橋氏ら、受賞者は1団体43人
▼観光業の未来は明るいと関口市長 市観光協会総会で5年後に向け意欲示す
▼地元企業30社が人材求めアピール 十日町地域就職ガイダンスに大学生ら30人
▼市障がい者支援センターが開所式典 軽喫茶「わっかふぇ」も同時にオープン
▼十日町福祉会「グループホーム上野」が開設 なかまの家とGHの利用者逆転
▼14年4ヵ月で入館者300万人 千年の湯、小千谷の羽鳥さんに川西三昧贈呈
▼全社員の物心両面の物心両面の幸せを追求する きものブレインが入社式
▼多くの支えで43年間続けられた 廃業の鷹乃湯に感謝する会
▼実体験が無意識に表れた不思議な作品 映画「ディアーディアー」桐生コウジ氏が舞台挨拶
▼4日間で5件の林野火災 ゴミ燃やしの火が移り作業小屋全焼も など

2016年03月24日

東京五輪年春の開館目指す新博物館 総事業費約24億円、基本計画検討委が最終委員会

160324_01.jpg

 東京五輪開催前の2020年春の開館を目指す「新十日町市博物館」の基本計画策定を進めている「新博物館基本計画検討委員会」の最終回が14日、市博物館2階で開催された。今後、同会、社会教育委員会、市議会の意見、3月下旬開始予定のパブリックコメント意見などを加え4月下旬に最終基本計画を定め、平成28年度に実施計画と実施設計策定を進め、29年度から建設工事に着手する計画だ。建設用地は当初、遺跡広場内3分の2の狭い3階建て構想から総体駐車場前側の広い道路角地(水田地)の2階建て構想に変更。遺跡広場内には駐車場も新たに整備する方針で、来客増による新たな賑わいの創造を目指している。
(写真:新十日町博物館の土地利用計画イメージ)
《本紙3月24日号1面記事より抜粋》

十日町新聞3月24日号は・・・・
▼衆参ダブル選挙に中原八一氏言及 自民党十日町支部総会、水落敏栄氏も故郷の支援訴える
▼総務課長に根津和博氏 津南町人事異動、退職22人、新採用10人
▼女性が65%、20・30代54.3% 第6回大地の芸術祭アンケート結果
▼全国農協中央会長賞を受賞 (株)ばんばが全国そば優良生産表彰
▼交通安全協会がチャレンジ100表彰 県内最多の715チームが参加
▼「元気で戻って来いよ」と声かけて 児童がサケ稚魚放流、今季は管内60万尾
▼春に向かって掘り進め! 名物行事「豪雪地面出し競争」、少雪でも熱戦〔AR動画あり〕
▼十日町版おもてなし英会話集完成 英会話が出来る商店街に大きな第一歩
▼「トンネルを抜けて青葉のふる里へ」 江村福二さんが自分史を出版
▼47年の歴史に幕を閉じる 川治保育園で閉園式を挙行
▼政策に若者の声を反映させよう 川西高で市選管が選挙出前講座
▼胸に迫る「とういちのひとり言」 本紙4面で不定期連載へ など

2016年03月10日

課題山積も原子力災害避難計画案示す 市内5会場で市民説明会

160310_01.jpg

 柏崎・刈羽原子力発電所から放射性物質などが異常な水準で放出された事態を想定した「十日町市原子力災害に備えた避難計画案」の市民説明会が先月17日から同25日まで5会場で開催され、計約180人の市民が参集し、様々な疑問点や課題などが示された。同計画は国が5㌔圏内の即時避難区域(PAZ)と5〜30㌔圏内の避難準備区域(UPZ)を含む自治体に策定を求めたもので当市は53集落がUPZ内となる。また県広域避難マッチングで当市住民の避難先は市内のUPZ外を基本とすることが示されたことから、市内全域5会場での説明会となり、しかも課題山積は市も明示しており、あくまで「第1弾」の計画案となった。
(写真:市民会館ホールで行われた会場質疑)
《本紙3月10日号1面記事より抜粋》

十日町新聞3月10日号は・・・・
▼ふるさと納税は1億6千万円超に 津南町議会一般質問、ふる納税使途や津南病院問題など
▼十日町市ふるさと納税額前年度比減に 津南町は前年度比50倍以上に激増
▼返礼品に十日町市産品も 友好交流都市の埼玉県和光市「ふるさと納税」に
▼松之山は川西診療所の兼務体制へ 国保診療所の常勤医師目処立たず
▼「県立県営も大事では」 新十日町病院に関口市長
▼市田忠義副委員長が政局講演 日本共産党があったか講演会開く
▼旧村山家と樽沢開田遺跡出土品 保護審議会が市指定文化財を答申
▼雪と光と音の共演 越後妻有「雪花火」、一大絵巻が4300人を魅了〔AR動画あり〕
▼きものの集いの会が古民家で雪見御膳 着物サークルわかむらさき修了式も
▼悪徳商法被害を未然に防ぐ 宮野原郵便局など5人に感謝状
▼ほくほく線トンネル内で人身事故 下条の男性が死亡
▼齋木實元十日町市議会議長が逝去 など

十日町新聞
電子版プレイバック十日町

広告掲載のお申し込み
新聞に取り上げて欲しい情報をお寄せ下さい。
>>こちらまで。
ATOM

RSS